ナイトアイボーテを使って感じたこと

私が、ナイトアイボーテを使い始めたのは、2年前くらいでした。
それまでは、ドラッグストアなどで市販されている安いアイプチを使ったり、
100均のテープを使ったり、絆創膏を使ったりしていました。

ナイトアイボーテの存在すら知らなかったので、アイプチや絆創膏はあくまで日中、化粧をしているとき、のりや絆創膏を貼っている間のみ二重になれるものという認識をしていました。
当時は、もともと重い一重の人が本当に二重になるには、整形しかないと思っていたので、アイプチで本当の二重に慣れない事に対する不満などはありませんでした。

でも、時間とともにのりが乾いてカサカサになってしまったり、アイシャドウがはげてしまったり、
のりが乾いて、白く浮いてきてしまうことがあったので、それはとても不満でした。
その点は、絆創膏に変えてからは、あまり気にならなくなりましたが、日中使う二重化粧品のデメリットに、二重になったはいいけど、見た目が汚いという問題が私にはつきまといました。

私が、最初にナイトアイボーテを買ったきっかけは、なんといっても、最終的に本当の二重になることでしたが、使ってみるとのりが協力で、普段使っているアイプチのように、乾いた感じになりにくいことに気が付きました。
そして、ナイトアイボーテ自体は、夜に使うとされていますが、美容液成分が多いので、昼間に使っても悪いことはないんじゃないかなと思い始めました。

そして、あるとき、化粧をするときに、アイシャドウを塗った後、ナイトアイボーテを使ってみました。
もともと透明なので、とても自然になり、化粧をしても、普段の化粧よりも目周りが綺麗でした。
1日使ってみると、取れることもなく、カサカサになってしまうこともありませんでした。
その前は絆創膏を使う日々でしたが、ナイトアイボーテを夜だけでなく昼間も使うようになりました。
こうした方法をやったことで、私は重い一重ですが、本当の二重になれたのかもしれません。

まとめると、ナイトアイボーテは、夜に使って本当の二重にするというのはもちろんそうですが、
それだけではなく、日中にアイプチやメザイク代わりとしても使うことができますし、その効果は万能であるということです。